暮らしの手仕事〜くらしてのこと~

欲しいものが何でも手に入る時代。

ものを手に入れることで欲求は満たされるけどそれも一時的で、また次の欲求が生まれる。

結局自分の満たされないものを、モノで穴埋めしてるだけ。

気付くと沢山のモノに囲まれて、変わらない自分がいる。

ある時「綿を藤野で育てなさい」沢山の種を受け取った。

畑仕事を知らない私が何かの力に動かされるように、沢山の方の知恵と力を借りて育て始めた。

私にはできない…何度も思った。

天災、蝕害、うまくいかないことも。

でも、それも全て含めて初めて自分と向き合うことができた。

偉大なる種と大地、自然の力。

気付くと、買わない生活が始まっていた。

気付くと、身につけるもの全て作っていた。

気付くと、自分の足で立っていた。

ものが溢れる前の時代、家族や愛する人のために手仕事されてきた。

そのものには愛情が宿る。

それを身につけると心が満たされるのだと思う。

今の私たちに足りないもの。

くらしての手仕事会では、

ものを作りあげるプロセス、自分の心の変化、自分軸をつくることを大切に考えています。

それはとっても簡単で誰でもできること。

ぜひご一緒に楽しんでみませんか?

 

大和まゆみ

%25E7%25B8%25AB%25E3%2581%2586%25E6%2597